JA全中は、2014年12月に「市民農園等研究会」を設置し、そこでの検討の結果を「体験型農園の開設・運営の手引き」をとりまとめ、さらに2016年12月に「体験型農園の普及・改善に関する研究会」を設置し、そこでの議論の成果を「体験型農園の普及と改善」としてとりまとめました。

弊社代表畠は、同研究会に委員として参加し、「体験型農園の開設・運営の手引き」及び「体験型農園の普及と改善」をJA全中担当者と共同で執筆しました。